市政全般

平成28年第1回農政推進審議会

 

概要

  • 日時
    平成28年2月17日 10時00分〜10時28分
  • 場所
    鶴ヶ島市農業交流センター 研修室
  • 議題
    農用地から除外しようとする土地(1件) 非公開
    〔非公開の理由〕鶴ヶ島市情報公開条例第25条第1項第3号に該当理由(会議を公開することにより、公正かつ円滑な運営に支障を及ぼす恐れがあるため)
  • 会議の要旨
    農用地から除外しようとする土地1件について審議した結果、除外はやむを得ないものとした。
  • 担当
    産業振興課農政担当 電話049-271-1111(内線234)

会議録

 出席者

  新井委員、山崎会長、宮本委員、長峰委員、高篠委員、比留間委員、内野(正)委員、長田委員、

  内野(昌)委員、毛須委員、内野(保)委員、杉田委員

 欠席者

  なし

 事務局

  町田課長、荻島主幹、内田主査

農用地から除外しようとする土地(1件)について

決定事項など

  農用地からの除外1件については、やむを得ないとする。

質疑(会議の経過)

(事務局から除外案件(1)【上新田地内・敷地拡張】の説明)

 質疑
 
 議長
   質疑や質問はありますか。

 委員

   今回の申請地の前の鶴ヶ島市道はいつできたのか。

 事務局

   もともと道路があり、その拡幅により、このような変な形での残地が残ってしまいました。

 委員

   前々から除外の相談はあったのか。

 事務局

   昨年の春ごろにありました。事業計画者の事情を聴き、農振除外の同意権者である埼玉県と調整し、

  農振除外の申し出に至りました。

 委員

   農地では何を耕作しているのか。

 事務局

   現況を確認した時にはネギが栽培されていました。

 委員

   現況を理解したうえで購入したのに、その後、敷地拡張の話が出てくるのはおかしいのではないか。

 事務局

   単なる敷地拡張であれば、除外の理由がありません。埼玉県とよく事前の調整をし、事業計画者の事情から

  やむを得ないのではないかということで、除外の申し出に至った次第です。

 委員

   面積はきちっと図っているのか。

 事務局

   実際に測量をしており、分筆登記を前提とした面積になっています。

 

 議長
   他に意見がなければ、本件については「やむを得ない」ということよろしいでしょうか。
  (委員一同:異議なし)

 

以上で本日の審議を終了いたします。慎重にご審議をいただき、ありがとうございました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る