市政全般

平成27年度第2回鶴ヶ島市都市計画審議会

概要

日時 平成27年10月1日(木曜日) 14時00分〜15時40分

場所 鶴ヶ島市役所 3階 経営会議室

議題

  • 坂戸都市計画公園の変更について
  • 坂戸都市計画生産緑地地区の変更について

会議要旨

坂戸都市計画公園の変更及び坂戸都市計画生産緑地地区の変更について、原案のとおり変更することが適当であるとした(答申)。

会議録

出席者

小川委員、内野委員、須藤委員、田中委員、中里委員、村本委員、栁沢委員、漆畑委員、五伝木委員、杉田委員、伊藤委員(代理・飯能県土整備事務所 安原道路施設公園担当課長)

欠席者

長谷川委員

事務局

有路都市整備部長

都市計画課 佐藤課長、田村主席主幹、武田主幹、酒井主任

都市施設保全プロジェクトチーム 諸井主席主幹、後口主幹

会議の経過(要点筆記)

坂戸都市計画公園の変更について

事務局  ≪資料に基づき説明≫

議長 ただ今の説明に関して、御意見、御質疑はございませんか。

委員 多目的フィールドと多目的グラウンドの違いは何ですか。

事務局 多目的フィールドは陸上トラックの中の、特にフィールド部分を多目的に活用したいと考えまして、名称の差別化を図ったものです。

委員 当初の計画では、なぜ東側の部分が不整形なのでしょうか。

事務局 当時の計画では地番界で区域を区切っていたため不整形となっていました。今回の変更では、効率的で効果的な施設配置を検討し、整形の計画となっています。

委員 この計画に基づいて整備に着手する担保はあるのでしょうか。

事務局 整備については、市の財政状況を見極めながら進めていきます。その中では、国の補助金など、各種助成制度を活用し、市に有利な財源の確保に努める必要があると考えています。また、施設の整備レベルについても、今後、慎重に検討を進めます。

委員 今後、運動公園が整備されるに当たっては、市民ニーズや、現在の施設の稼働率などをよく調査し把握した上で、整備レベル等について議論がなされるべきだと思います。

議長 それでは、『坂戸都市計画公園の変更について』を採決いたします。原案に対しまして、御異議ございませんか。

委員 異議なし。

議員 御異議ないものと認めまして、本案は、原案のとおり決定いたします。

 

坂戸都市計画生産緑地地区の変更について

事務局  ≪資料に基づき説明≫

議長 ただ今の説明に関して、ご意見、ご質疑はございませんか。

委員 市街化区域の生産緑地が解除された場合、一般的にどのような土地利用がされているのでしょうか。

事務局 土地活用が図られることが多いようです。ハウスメーカーなどが土地を取得して賃貸物件を建てるケースなどが見受けられます。

議長 それでは、『坂戸都市計画生産緑地地区の変更について』を採決いたします。原案に対しまして、御異議ございませんか。

委員 異議なし。

議長 御異議ないものと認めまして、本案は、原案のとおり決定いたします。

 

<答申>

議長 それでは、本審議会に諮問された『坂戸都市計画公園の変更について』及び『坂戸都市計画生産緑地地区の変更について』答申を行いたいと思います。

議長 坂戸都市計画公園の変更について、答申、原案のとおり変更することが適当である。

議長 坂戸都市計画生産緑地地区の変更について、答申、原案のとおり変更することが適当である。

議長 これをもって閉会といたします。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市計画課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る