1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 市長の部屋
  5. 市長発言集
  6. 平成26年第4回議会定例会市長あいさつ
市政全般

平成26年第4回議会定例会市長あいさつ

11月26日に開かれた平成26年第4回議会定例会の冒頭で行われた市長あいさつをご紹介します。

はじめに

 議員の皆様、おはようございます。本定例会の開会にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
 本日は、平成26年第4回鶴ヶ島市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員全員のご出席をいただき、誠にありがとうございます。

この1年を振り返って

 今年も余すところ1ヶ月となりました。この1年を振り返ってみますと、自然災害が多発した年であったといえます。2月には2度の記録的な大雪に見舞われ、埼玉県内でも大きな被害が発生いたしました。本市においても、市民生活に様々な影響が及び、農業被害の支援に伴う補正予算をお願いしたところです。
 また、7月の台風8号を皮切りとした台風の襲来により、全国各地に甚大な被害がもたらされました。
 さらには、8月の豪雨による広島県の土砂災害や、9月の御嶽山の噴火などは、記憶に新しいところです。これらにより、幾多の尊い命が奪われてしまいました。この場を借りて、謹んでお悔やみ申し上げます。
 市といたしましては、こうした災害発生時等の被害を最小限に止め、より一層、市民の安心・安全の確保に努めてまいりたいと考えています。そのため、8月に実施した「鶴ヶ島市防災訓練」では、実践に即して内容の充実を図りました。また、去る11月17日には、初めての試みとして、課長級以上の幹部職員を対象に、「震災時における市職員の初動体制」や「災害時図上訓練」などの「鶴ヶ島市防災研修」を実施いたしました。

 教育関係では、3月・4月と連続して、西中学校の女子生徒の転落事故が発生しました。その後の状況や対応等につきましては、議員各位に逐次ご報告申し上げているところですが、引き続きその解決に向けてしっかりと取り組んでまいります。

 明るい話題といたしましては、「東京オリンピック・パラリンピック」の56年ぶりの開催が決定し、隣接する川越市に所在する霞ヶ関カンツリー倶楽部がゴルフ会場となりました。本市にも様々な影響が及ぶと予想されますことから、それらを市の活性化につなげていくために全力を尽くしてまいります。

 今年9月からリニューアルしたふるさと納税につきましては、今議会で補正予算の専決処分のご承認をお願いしておりますが、予想を大きく上回るご寄附をいただき、嬉しい悲鳴を上げているところです。 なお、去る21日には電撃的に衆議院が解散し、12月14日に総選挙が行われることとなりました。議会の会期中であり、予算編成を進めているところでもあるため、市としては極めてタイトなスケジュールとなりますが、粛々と業務に取り組んでまいる所存です。
 議員各位の、引き続いてのご理解とご協力をお願いいたします。

提出議案等について

 次に、本定例会に提案させていただきました議案等について申し上げます。
 一般会計補正予算の専決処分の承認が3件、教育委員会委員の任命についてが1件、条例に関するものが10件、一般会計及び国民健康保険特別会計の補正予算が2件、公の施設の指定管理者の指定に関するものが2件、市道の認定及び廃止が各々1件の20議案です。これに専決処分の報告が1件です。
 内容につきましては、提案理由等によりご説明申し上げますので、慎重ご審議のうえ、ご議決いただきますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのご挨拶といたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課 秘書担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2018年3月23日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る