子育て・教育・健康・福祉

平成26年第13回教育委員会会議 詳細

  • 日時
    平成26年9月24日(水曜日) 10時00分開会〜11時15分閉会
  • 場所
    鶴ヶ島市庁舎庁議室
  • 宣告者
    石澤良浩(委員長)
  • 出席委員
    石澤良浩 細野啓子 高篠雅惠 萩原秀雄
  • 説明員及び書記
    細川教育部長(教育長職務代理者)、串田教育部参事、山田市民生活部参事、松村教育総務課長、山下学校教育課主席主幹、内野教育センター所長、
    宇津木学校給食センター所長、天沼社会教育課長、新図書館長、小林市民スポーツ課長、田中書記、小林書記、兼原書記
  • 傍聴者
    0人

会議録

≪開会≫
委員長
これより、平成26年第13回鶴ヶ島市教育委員会を開会いたします。
傍聴者については、会場の関係から定員11人とします。
(本日傍聴者0名)
≪日程第1≫ 平成26年第11回及び第12回教育委員会会議録の承認を求めることについて
委員長
日程第1 「平成26年第11回及び第12回教育委員会会議録の承認を求めることについて」を議題といたします。本件については、すでに配付した会議録のとおりです。
平成26年第11回及び第12回教育委員会会議録を承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。
よって、平成26年第11回及び第12回教育委員会会議録を承認することに決しました。
≪日程第2≫ 教育長報告
委員長
日程第2 教育長報告
教育長職務代理者より報告を求めます。
教育部長(教育長職務代理者)
・平成26年第3回鶴ヶ島市議会定例会(平成26年8月27日〜9月22日)
・第2回鶴ヶ島市いじめ問題調査審議会会議(平成26年9月1日)
についての報告を行う。
委員長
その他、報告がありましたら挙手をお願いします。
教育部参事
・ゲートキーパー研修会(平成26年8月25日)
・鶴ヶ島市小中一貫外国語教育推進事業に係る第2回外国語活動推進研修会(平成26年8月26日)
・平成26年度第5回西部教育事務所管内市町村教育委員会教育長会議(平成26年8月27日)
についての報告を行う。
教育センター所長
・特別支援教育研修会(平成26年8月25日)
・平成26年度学力向上推進委員会及び学力向上研修会(平成26年8月26日)
・平成26年度第2回鶴ヶ島市就学支援委員会会議(平成26年8月27日)
・幼・保・小連携講演会(平成26年9月5日)
についての報告を行う。
市民スポーツ課長
・吹き矢大会(平成26年9月13日)
についての報告を行う。
市民生活部参事
・第33回鶴ヶ島市子どもフェスティバル(平成26年9月14〜15日)
についての報告を行う。
教育センター所長
・不登校対策研修会(平成26年8月4日)
についての報告を行う。
委員長
教育委員から報告がありましたらお願いします。
委員
9月15日に子どもフェスティバルを会場の外からですが様子を拝見しました。大変盛況でしたので、サポートしている子どもたちもやりがいがあるだろうと感じました。
委員
私も9月15日に子どもフェスティバルに参加しました。杉下小学校の校長先生とお話する機会があったのですが、学校として取り組んでいる小学校が減ってしまったことがとても残念だということをおっしゃっていました。今、学校の中でお祭りというような行事が減っていると聞いています。このような事業を市内の小学校が体験として活用できればいいのにと感じました。とてももったいないなという思いです。
委員
9月5日の幼・保・小連携講演会に出席しました。幼・保から小学校へつないでいくアプローチカリキュラム、それから小学校が幼児を受け入れるうえでのスタートカリキュラム、そういったところが3つのめばえに強調される部分なのかなと思いながら講師の方のお話を聞いていたのですが、実態として私が普段から感じていることですけれども、幼稚園の子どもたちを見ていると感性の衰えを感じます。例えば、先生が厳しい顔で話している時は真剣に聞かなければならない状況だということを感じ取れる子が減ってきている。また自分の身の回りのことを自ら進んで取り組める子どもが年々減ってきていると感じます。小学校の就学年齢を一年下げるという話も国ではあがっているということを新聞で読みましたが、幼児教育現場からすると、むしろもう一年遅らせた方がいいのではないかと感じる実態があります。これは、講師の先生のお話を聞きながら私が感じたことをお話しました。
委員長
ただ今の教育長報告に対し、ご質疑はありませんか。
委員
子どもフェスティバルのキッズタウンは今年が最後と聞いていますが。
市民生活部参事
これから子フェス市民会議を開きまして、そちらで決めていくことになります。
これまでは子どもが中心となって開催してきましたが、近ごろは大人の知恵などを子どもに伝えていくということも見直されてきておりますので、来年度のキッズタウンは大人と子どもが一緒になって進めていくという形で動き始めています。
委員長
他に質疑なしと認め、これをもって教育長報告を終了いたします。
≪日程第3≫ 議案第30号 教育長の人事に関し議決を求めることについて
委員長
日程第3 議案第30号「教育長の人事に関し議決を求めることについて」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育総務課長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第4≫ 議案第31号 鶴ヶ島市立小・中学校職員服務規程の一部改正について
委員長
日程第4 議案第31号「鶴ヶ島市立小・中学校職員服務規程の一部改正について」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育部参事より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員
ご説明いただいた事例はとてもわかりやすかったのですが、今後もっと複雑な事例が出てきた場合のことも考えてあるのでしょうか。
教育部参事
配偶者が海外の大学に就学するという事由であっても休業が認められるなど、もともと設定されている範囲が広くなっています。複雑な事例が出てきた場合は県と協議していきたいと考えています。
委員長
他に質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第5≫ 議案第32号 平成27年度当初鶴ヶ島市立小・中学校教職員人事異動の方針及び平成27年度当初鶴ヶ島市立小・中学校教職員人事異動方針細部事項について
委員長
日程第5 議案第32号「平成27年度当初鶴ヶ島市立小・中学校教職員人事異動の方針及び平成27年度当初鶴ヶ島市立小・中学校教職員人事異動方針細部事項について」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育部参事より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員
何年か経過すると他の学校へ異動するというシステムが、子どもの教育のためになっているのかということに疑問を感じていました。例えば、学校の伝統や歴史はどのようにつくっていくのでしょうか。
教育部参事
一つは校長先生のリーダーシップ、そして保護者、地域との連携の部分から伝統というのはできてくるのではないのかなと思います。ただ直接的に子どもたちを指導するのは教員ですので、長く在籍していた先生が異動してしまうとその穴は確かに大きいですが、新しく来られた先生方の新風をそこに巻き込むということも含めて学校の伝統はつくられていくものと考えます。
委員
今、教員が伝統をつくっていくというお話がありましたが、管理職の場合ですと、だいたい3年と短い期間で異動していきます。最初の1年は学校に慣れるための1年、3年目には次の学校のことを考えるということになります。このような状況で伝統がつくられるかというと疑問が残ります。また一般の教員は7年で異動です。学校という建物が伝統をつくるのではありません。その中で生活している先生方が「昔の学校はこうだった」ということをつないでいけばいいのですが、そのような教えが今の学校の中には皆無だと思います。そのため子どもたちは自分たちの学校の歴史や伝統を重んじなくなってきているのではないかと思います。教員の勉強のためや学校に新しい風を入れるための異動もありますが、適材適所でこの先生にはこの学校に必要だということも考慮した人事異動をお願いしたいと思います。
教育部参事
今年が良ければそれで良いということではなく、何年も先を見越した人事を計画的に考えたいと思います。
委員
新しく入ってきた先生に学校の伝統を誰がどのように伝えていくのかということですが、先生方は毎日のことが忙しすぎてなかなか時間が取れないということがあると思います。私立の学校では20年、30年という先生がいらっしゃるので新しく入った先生もその学校の伝統に感化されるという面もあると思いますが、それでいいものは引き継がれていくと思います。公立の学校ではリーダーシップをとってくれる校長先生が少なくなってきたと聞きます。出すぎてはいけないという意識があるのかもしれませんが、学校はみんなでつくっていくという気持ちをみんなでもってもらえると学校も変わってくると思います。また、中堅どころの先生が少なく先生方のグループ連携の難しさを現場にいて感じています。
委員
部活動のことで言えば、顧問だった先生が異動してしまうと、それまでのその部の歴史は一気に変わってしまいます。指導方法なども全く違ったものになってしまいますので、その人事異動が教員にとっては平等であっても、生徒にとっては不平等になってしまいます。人がつくっていく伝統というものに、このようなことも考慮していただきたいと思います。
委員
私のところは私立の幼稚園ですが、ここを卒園した子が今は母親になって、自分の子どもを通わせる幼稚園を探しているということで先日見学にきました。その時に「私がお世話になった時の先生はまだいらっしゃいますか」という話になりました。私のほかに2名ほどいるのですが、自分が通っていた頃の先生がまだ同じところにいるということが、その園や学校に対しての愛着になり、その愛着が伝統というものをつくっていく一つになるのではないかと感じました。
委員長
他に質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第6≫ 議案第33号 鶴ヶ島市立図書館協議会委員の任命について
委員長
議案第33号「鶴ヶ島市立図書館協議会委員の任命について」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(図書館長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第7≫ 選挙第2号 鶴ヶ島市教育委員会委員長職務代理者の指定について
委員長
日程第7 選挙第2号「鶴ヶ島市教育委員会委員長職務代理者の指定について」を議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育総務課長より説明)
委員長
これより鶴ヶ島市教育委員会委員長職務代理者の指定を行います。指定は、指名推薦により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。よって、指定は、指名推薦により行うことに決定いたしました。
委員長
どなたか委員長職務代理者の指名推薦をお願いいたします。
委員
細野委員にお願いしたいと思います。
委員長
ただいま、委員長職務代理者に、細野委員の指名推薦がありましたが、これにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。よって、委員長職務代理者に細野啓子委員が指定されました。
(細野委員当選承諾書に署名)
≪日程第8≫ 議席の指定について
委員長
日程第8「議席の指定について」を議題といたします。
議席についてお諮りいたします。議席につきましては、
1番 石澤 良浩 委員
2番 細野 啓子 委員
3番 高篠 雅惠 委員
4番 萩原 秀雄 委員
5番 浅子 藤郎 教育長
に指定したいと思います。
これにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認ます。
よって、10月1日以降は、ただいま配布されました議席表のとおりに指定することに決定いたしました。
委員長
日程第9 議案第34号「教育委員会職員の平成26年10月1日付け人事について」は、人事に関する案件ですので、非公開で審議したいと思います。
賛成の方の挙手を求めます。
(挙手)
委員長
挙手全員と認めます。よって、これより、非公開で審議することと決しました。
関係職員以外の職員は退席をお願いします。
ここで暫時休憩とします。
《関係者以外の職員退席》
≪日程第9≫ 議案第34号 教育委員会職員の平成26年10月1日付け人事について
委員長
休憩前に引き続き会議を再開します。
日程第9 議案第34号「教育委員会職員の平成26年10月1日付け人事について」を議題とします。
事務局より説明をお願いします。
(教育総務課長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり承認します。
≪日程第10≫ 会議録署名委員の指名
委員長
日程第10 会議録署名委員の指名を行います。
会議録署名委員に2番細野啓子委員を指名いたします。
≪閉会≫
委員長
以上で本日の日程は終了いたしました。
これをもちまして、平成26年第13回鶴ヶ島市教育委員会を閉会いたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育総務課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る