1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 政策・計画
  5. 環境基本計画
  6. 環境基本計画・第1章計画の基本的事項
市政全般

環境基本計画・第1章計画の基本的事項

1 計画策定の背景

大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とした日常生活や、事業活動から生じる環境への負荷が増大したことにより、地球温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨、砂漠化、海洋汚染など、地球規模に拡大した様々な環境問題が発生しています。これらの環境問題の多くは、私たちが便利さや豊かさ、快適な生活を求めたことにより生じたものです。この解決に向けて、市民・事業者・市が一体となって、それぞれの立場で自分の役割を理解し、協働(パートナーシップ)により取り組むことが求められています。
国においては、地球環境問題など新たな環境課題に対応し、環境への負荷が少ない持続的発展の可能な社会形成に向けて、環境政策の新たな展開を図る「環境基本法」を平成5年に制定し、これを受けて平成6年に、環境保全施策の基本的な方向を示す「環境基本計画」を策定しました。また、平成10年には、「地球温暖化対策の推進に関する法律」を制定し、地球温暖化に対して、国・地方公共団体・事業者・市民が取り組む具体的な環境保全行動を示しました。
さらに、平成12年には 循環型社会形成に向けた「循環型社会形成推進基本法」を制定し、「資源の有効な利用の促進に関する法律(通称:資源有効利用促進法)」や「国等による環境物品等の調達の推進に関する法律(通称:グリーン購入法)」などとともに、法令の整備を図りました。
埼玉県においては、平成6年に循環型社会の構築を理念とする「環境基本条例」を制定し、さらに平成8年には、21世紀を展望した「環境基本計画」を策定しました。本市においても、他に先駆けて、平成3年に「地球にやさしいリサイクル都市づくりの誓い」を宣言し、リサイクル、省エネルギー、廃棄物対策などに積極的な取り組みを行うとともに環境の保全と創造に向けて、平成11年に「美しく住みよい鶴ヶ島市の環境づくりの基本を定める条例」及び「鶴ヶ島市の環境を保全する条例」を制定しました。
身近な取り組みとしては、「きれいなまちづくり運動」、「花とみどりのまちづくり推進事業」、「市民の森整備事業」など、市民・事業者・市の協働による環境保全活動が推進されています。また、環境保全に関する実践活動や普及・啓発活動を行う市民団体が組織され、リサイクル、自然環境保全、生活環境づくりなどの分野で独自の活動が実践されています。
今後さらに、環境負荷の削減に向けた、総合的・計画的・効率的な取り組みを行い、将来にわたって健康で文化的な生活を一層発展させていくためには、美しく住みよい環境を守るだけではなく、望ましい環境を創り育てていくことが大きな課題となっています。
このため、「美しく住みよい鶴ヶ島市の環境づくりの基本を定める条例」に基づき、本市の環境を守り・創り・育てるための指針となり、21世紀に望まれる「鶴ヶ島市環境基本計画」を策定するものです。

2 計画の目的と役割

『計画の目的と役割』の画像

 

本計画は、「鶴ヶ島市21世紀まちづくり計画」に掲げる市のめざす将来像「人とひとそして自然と −交流と連携 調和と共存をめざして−」を環境面から実現するために、環境の保全と創造についての長期的な目標と施策を定めるものです。本計画を総合的、計画的、かつ効率的に推進するため、市民・事業者・市の対等な立場での協働という新たな関係の構築を通じて、具体的な取り組みをめざします。
市民参加で策定した本計画は、市の基本構想と基本計画を担保する環境分野の総合的な計画であると同時に、その実現に向けて市民・事業者・市が役割分担しながら、協働により取り組むパートナーシップ計画としての一面も持っています。

3 目標年度

本計画の目標年度は、平成15年度(2003年度)を初年度とし、平成24年度(2012年度)までの概ね10年とします。
また、地球環境問題などは、長期的な視点が必要であることから、概ね50年先である21世紀半ばまでを展望するものとします。

4 対象とする環境施策の範囲

本計画が対象とする環境施策の範囲は、次の項目とします。
(1)自然環境の保全・・・自然的環境の保全と回復、自然の生態系の保護、自然とのふれあいの推進など
(2)大気環境の保全・・・地球温暖化の防止、オゾン層の保護、大気汚染の防止など
(3)水・土壌環境の保全・・・安全な水の確保、水質汚濁の防止、土壌汚染の防止など
(4)快適な環境の創造・・・・環境美化の推進、良好な景観の保全、緑化の推進など
(5)廃棄物・リサイクル対策・・・廃棄物の発生抑制と処理の適正化、資源の循環的利用の推進など
(6)化学物質対策・・・・・・・・・・・有害化学物質対策の推進、化学物質による環境リスクの低減など

5 各主体の基本的役割

今日の主な環境問題は、日常生活や事業活動に起因していることから、市民・事業者・市の各主体が、「美しく住みよい鶴ヶ島市の環境づくりの基本を定める条例」の基本理念に基づいて、それぞれの責任を自覚し、環境保全のために担うべき役割を深く認識するとともに、この役割分担に応じた行動を実践することが何よりも大切です。
本計画では、市民・事業者・市の各主体が、果たすべき役割を次のように示します。

市民

・省エネルギー、省資源、ごみ排出の抑制など環境に配慮した暮らしを実践し、日常生活の中で環境に及ぼす影響をできる限り少なくする。
・環境の保全と創造に努めるとともに、各主体との協働により環境保全対策に取り組む。

事業者

・製造、流通、販売、通信、消費、廃棄などのあらゆる段階で、事業活動から生じる環境への影響を少なくするための必要な措置を講じる。
・環境の保全と創造に努めるとともに、市民や市との協働により環境保全対策に取り組む。

「地球にやさしいオフィス率先行動計画」を推進し、地球温暖化の防止と持続可能な循環型社会の構築をめざす。
・環境の保全・創造に関する中心的な役割を果たすとともに、市民・事業者を支援し、自然条件や社会条件などに応じた総合的かつ効率的な施策を実施する。

用語解説

  • 地球環境問題
    人類の将来にとって大きな脅威となってきている地球規模の環境問題。
    現在、地球環境問題として認識され、取り組みがなされているのは、(1)地球温暖化 (2)オゾン層の破壊 (3)熱帯雨林の減少 (4)酸性雨 (5)砂漠化 (6)野生生物種の減少 (7)海洋汚染 (8)有害廃棄物の越境移動 の各問題。
  • 地球温暖化
    人類のさまざまな活動により生成される温室効果ガス(二酸化炭素、フロン、メタンなど)の濃度上昇により、地表から放射される赤外線エネルギーの放散が減少して地球全体の気温が上昇する現象。
  • オゾン層
    オゾン層は地上10〜50kmの大気圏にあり、太陽光線の中で酸素から生成され、太陽から降りそそぐ有害な波長の紫外線を吸収し、生物を守っている。紫外線は生物の細胞を破壊したり、遺伝子に変化を起こしたりすることがあり、皮膚がんを誘発する因子でもあるとされている。
  • 有害化学物質
    フロンや有機塩素系化合物、ダイオキシン類等、環境中での分解性が著しく低く、人体に悪影響を及ぼす恐れがあると見なされる物質(化学成分)のこと。
  • 環境リスク
    人の活動によって、環境に加えられる負荷が環境中の経路を通じ、環境の保全上の支障を生じさせる恐れをいい、人の健康や生態系に影響を及ぼす可能性を示す概念のこと。
  • 地球にやさしいオフィス率先行動計画(平成13年12月策定)
    本市が行う事務・事業の実施に際して、環境への負荷の低減を図るため、環境保全に向けた行動を率先して実行することを目的とした「環境に配慮した率先行動計画」と「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき策定した、「地球温暖化防止計画」から構成されている計画。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る