1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 政策・計画
  5. 環境基本計画
  6. 環境基本計画・第6章 進行管理
市政全般

環境基本計画・第6章 進行管理

1 計画の推進体制

本市の望ましい環境像である「里山と小川 風と緑と生きものと 共に生きるまち」を実現するには、本計画が確実に推進できる体制を整え、計画の実効性を確保することが必要です。
そのため、市民・事業者・市の対等な立場に基づいて、本計画を推進するパートナーシップ組織としての(仮称)鶴ヶ島市市民環境推進会議を設置します。この組織は、市民・事業者・市が協働の下、それぞれが果たすべき役割を認識し、本計画を着実に推進するものです。
このことから、協働により行なう事業について情報提供や調整を図り、身近な地域での取り組みを実践するとともに、本計画の評価そして環境指標を用いた進行管理を行なうなど、本計画を積極的に推進することを目的とします。
また、本計画推進の評価・成果を踏まえて、身近な日常生活や事業活動の中で、継続的・発展的な取り組みへとつながりを求めていきます。さらに、市が主体となる事業担当部課職員で構成する(仮称)鶴ヶ島市環境基本計画庁内推進会議を設置するなど、必要な推進体制の拡充も図ります。

『計画の推進体制』の画像

2 進行管理

(仮称)鶴ヶ島市市民環境推進会議を中心として(仮称)鶴ヶ島市環境基本計画庁内推進会議とともに、本計画に基づく各種施策の推進・実施状況及び計画目標の達成度を把握し、市民・事業者・市民団体などへ毎年公表し、広く意見を求め、更なる計画推進に反映します。
併せて、国際標準規格の環境管理システムISO14001の考え方に基づくPDCA(Plan=計画の策定 Do=計画の推進 Check=計画の評価 Action=計画の見直し)サイクルの手法により、具体的施策・具体的な取り組みを含めた各種施策の実施状況の点検・改善を継続的に行い、本計画の効率的な推進に努めます。

3 環境指標

市民・事業者・市が協働により推進する本計画については、その達成状況を容易に判断できることが必要です。
そのためには、評価の指標、いわゆる環境指標と計画目標の達成度合いを簡単に把握できる評価方法が必要となります。このことから、(仮称)鶴ヶ島市市民環境推進会議を中心として(仮称)鶴ヶ島市環境基本計画庁内推進会議とともに、計画推進に沿って本計画の進捗状況を適宜、的確に把握できる指標と評価システムを確立します。

用語解説

  • 環境指標
    環境の状況や、それを左右する要因、環境を保全・改善する対策の進行状況を計るものさしのこと。例えば、メダカは水質悪化や水田の減少等が原因で生息分布が減少することから、メダカの生息分布は水辺環境の指標になる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る