子育て・教育・健康・福祉

平成23年第6回教育委員会会議 詳細

  • 日時
    平成23年5月18日 午後3時30分開会〜午後4時15分閉会
  • 場所
    鶴ヶ島市庁舎庁議室
  • 宣告者
    宮根健治(委員長)
  • 出席委員
    宮根健治 河上亮一 今泉博 金指桂子 新井周平(教育長)
  • 説明員及び書記
    新井教育部長、松井参事、松村教育総務課長、金子学校教育課長、大室学校教育課主席主幹、伏見教育センター所長、小川学校給食センター所長、池田社会教育課長、藤田図書館長、諸井市民スポーツ課長、佐藤学校給食センター更新担当主席主幹、平井富士見公民館長、笠原書記、小林書記、兼原書記
  • 傍聴者
    0人

会議録

≪開会≫
委員長
これより、平成23年第6回鶴ヶ島市教育委員会を開会いたします。
傍聴者については、会場の関係から定員11人とします。
(本日傍聴者0名)
≪日程第1≫ 平成23年第5回教育委員会会議録の承認を求めることについて
委員長
平成23年第5回教育委員会会議録の承認を求めることについてを議題といたします。本件については、すでに配付した会議録のとおりです。
平成23年第5回教育委員会会議録を承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。
よって、平成23年第5回教育委員会会議録を承認することに決しました。
≪日程第2≫ 教育長報告
委員長
日程第2 教育長報告。教育長より報告を求めます。
教育長
(関係事業についての報告を行う)
委員長
その他、報告がありましたら挙手をお願いします。
学校教育課長
(関係事業についての報告を行う)
教育部長
(関係事業についての報告を行う)
教育センター所長
(関係事業についての報告を行う)
委員長
ただ今の教育長報告に対し、ご質疑はありませんか。
委員長
質疑なしと認め、以上で教育長報告を終了いたします。
≪日程第3≫ 議案第16号 鶴ヶ島市立小・中学校職員服務規程の一部改正について
委員長
日程第3 議案第16号 鶴ヶ島市立小・中学校職員服務規程の一部改正についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(学校教育課長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員
これは鶴ヶ島市独自のものですか。
学校教育課長
県の服務規程に合わせたものですので、鶴ヶ島市独自のものではありません。
委員
修学部分休業や自己啓発等休業は、申請すれば必ず受理されるのですか。
学校教育課長
承認の申請をするもので、承認するかどうかについては県の教育委員会で判断しますので、全て受理されるものではありません。
委員
これまでは無給であってもこのような制度はなく、有給の場合には試験を受けて内地留学をするということでしたでしょうか。
学校教育課長
はい、そうです。
委員長
他に質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第4≫ 議案第17号 鶴ヶ島市就学支援委員会委員の委嘱について
委員長
日程第4 議案第17号 鶴ヶ島市就学支援委員会委員の委嘱についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育センター所長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第5≫ 議案第18号 鶴ヶ島市学校給食センター運営委員会委員の委嘱について
委員長
日程第5 議案第18号 鶴ヶ島市学校給食センター運営委員会委員の委嘱についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(学校給食センター所長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員
鶴ヶ島第二小学校と西中学校から2名が入っていますが、1名も委員に入っていない学校もあるのはなぜですか。
学校給食センター所長
校長先生については校長会からの推薦によるものです。PTAについては2年に1回の輪番制になっています。
委員
公募委員の枠は何名ですか。
学校給食センター所長
1名です。広報で募集しましたところ、1名の応募があり、その方が面接により採用されました。
委員長
他に質疑なしと認め、本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり可決します。
≪日程第6≫ 議案第19号 平成23年度教育委員会関係補正予算について
委員長
日程第6 議案第19号 平成23年度教育委員会関係補正予算についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育総務課長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員
小中学校の体育館の耐震は、あと何校残っていますか。
学校教育課主席主幹
昭和56年以前に建設された建物は新耐震基準に合致していないということで耐震診断を行い、8つの体育館が対象となっています。平成23年度当初予算の段階では一年に2校ずつ耐震補強設計し、翌年度に工事をして、平成27年度に全ての工事が終了する計画でいました。しかし、このたびの震災のこともあり、できるだけ前倒しをしていきたいということで、この6月補正で3校追加し、今年度に5校の耐震補強設計を実施し、残り3校、栄小学校、富士見中学校、藤中学校の体育館は来年度に耐震補強設計、翌25年度に工事を行う予定です。
委員
部活動外部指導者設置事業と心のオアシスづくり事業については、どちらも県の助成金が出ていますが、このことを初めから想定していたのですか。
教育センター所長
昨年度からの継続事業です。県からの助成金が遅れたため補正となりました。
委員
西中学校で外部指導者が不足していると聞いています。やりたい部活がないために、区域外の学校の通学を希望するということはあるのですか。
参事
昨年ですが、富士見中学校に男子バスケットボール部がないため、近くの藤中学校の男子バスケットボール部で活動させて欲しいという要望がありました。しかし現在のところ、基本的には自分の学校の部活で活動するということが原則となっています。 委員
以前に他の学校の部活で活動している生徒がいたと聞いたことがあります。
参事
陸上などの個人競技の場合は認められたケースがありました。南中学校には陸上部がありませんので、陸上部のある富士見中学校へ保護者が責任をもって送り迎えをするということを条件に、両校の校長が許可をし、土曜日か日曜日のどちらか、週一日だけ活動しました。
教育長
区域外通学を認める要件の一つとして、部活動の要件を入れるか入れないかということは議論を要する問題だと考えています。教育委員さん方のご意見も伺いたいと思います。
委員
本市のことではないのですが、陸上で県大会に出場する生徒が通う学校に陸上部自体はあるのですが、顧問の先生が全く陸上経験がなく、そのことが本人や保護者にとっては不満となっているようです。しかし、そのために陸上経験のある顧問のいる他の学校への区域外通学を認めてしまうと、その顧問の先生が翌年異動してしまう可能性もあるわけなので、そうした場合また元の学校へ戻りたいと希望があれば、それも認めなくてはならなくなります。
教育長
途中で怪我をして部活を続けることができなくなる場合や、今お話があったような顧問の問題がありますので、部活を理由としての区域外通学というのは、悩ましいところです。
委員
3年間という短い期間であるだけに、学校を行ったり来たりとなるようなことは望ましくないと思います。
教育長
区域外通学ですと通学距離も長くなるわけですから、部活動で下校が遅くなったりする場合には、防犯や事故などの心配も出てきます。
委員
外部指導者のおかげで、その部活が活性化しているという例もありますか。
参事
今市内には15人の外部指導者の方がいらっしゃいます。学校によっては、先ほどお話がありましたように、顧問に経験がなく、指導することが難しいといった部活があります。そのような場合には、週に何日か顧問に代わって外部指導者の方が技術指導をしています。
委員
外部指導者の方たちには、長い期間でお願いできるのですか。
参事
契約は1年単位ですが、皆さん、一生懸命やっていただいており、例年ご本人からの希望により同じ学校で長く続けて指導していただいている実績があります。
委員長 他に質疑なしと認め、本案を原案のとおり承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり承認します。
≪日程第7≫ 会議録署名委員の指名について
委員長
日程第7 会議録署名委員の指名を行います。
会議録署名委員に4番 金指 桂子 委員を指名いたします。
≪閉会≫
委員長
以上で本日の日程は終了いたしました。
これをもちまして、平成23年第6回鶴ヶ島市教育委員会を閉会いたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育総務課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る