子育て・教育・健康・福祉

平成23年第12回教育委員会会議 詳細

  • 日時
    平成23年11月16日 午後3時30分開会、午後4時55分閉会
  • 場所
    鶴ヶ島市庁舎102会議
  • 宣告者
    河上亮一(委員長)
  • 出席委員
    河上亮一 宮根健治 今泉博 金指桂子 新井周平(教育長)
  • 説明員及び書記
    新井教育部長、松井参事、松村教育総務課長、大室学校教育課主席主幹、伏見教育センター所長、小川学校給食センター所長、池田社会教育課長、藤田図書館長、滝島市民スポーツ課主幹、佐藤学校給食センター更新担当主席主幹、平井富士見公民館長、笠原書記
    小林書記
  • 傍聴者
    0人

会議録

≪開会≫
委員長
これより、平成23年第12回鶴ヶ島市教育委員会を開会いたします。
傍聴者については、会場の関係から定員11人とします。
(本日傍聴者0名)
≪日程第1≫ 平成23年第11回教育委員会会議録の承認を求めることについて
委員長
平成23年第11回教育委員会会議録の承認を求めることについてを議題といたします。本件については、すでに配付した会議録のとおりです。
平成23年第11回教育委員会会議録を承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認めます。
よって、平成23年第11回教育委員会会議録を承認することに決しました。
≪日程第2≫ 教育長報告
委員長
日程第2 教育長報告。
教育長より報告を求めます。
教育長
(関係事業についての報告を行う)
委員長
その他、報告がありましたら挙手をお願いします。
教育センター所長
(関係事業についての報告を行う)
富士見公民館長
(関係事業についての報告を行う)
学校教育課長
(関係事業についての報告を行う)
社会教育課長
(関係事業についての報告を行う)
市民スポーツ課主幹
(関係事業についての報告を行う)
委員長
教育委員から報告がありましたらお願いします。
委員
10月29日の市内合唱祭についてですが、みんなの心が一つになるような、とても良い合唱祭でした。
委員
前回の教育委員会会議に欠席しましたので、報告できなかった10月13日の入間地区教育委員会連合会全体研修会についての報告をします。講師の藤原和博さんの話をとても興味深く聞いてきました。講演の内容としては、最近は教育に関する地盤沈下が激しいということがありました。その原因は3つあり、まず1つ目は核家族化、地域社会の後退ということです。2つ目は情報化、テレビやネットの影響が強すぎるということ。3つ目は子どもの多様化、家庭の複雑化ということがあげられました。子どもは学校で様々な評価をされるわけですが、その学校モードでない空間をつくることが大切だということを、いくつか例を挙げながら話されました。また、子どもと親は縦の関係であり、親は子どもに対して厳しいものだが、斜めの関係である地域の大人というのは、他人の子どもに対しては非常に寛容であり、そのような関係が子どもにとっては必要であるということでした。
委員
10月29日の合唱祭は、鶴ヶ島中学校へ行ってきました。鶴ヶ島中学校のすばらしいところは、集団行動が非常によくできるという点です。生徒全員が体育館に入ってきて着席するまでに5分くらいでした。また、休み時間中は当然ざわざわと話し声がしていますが、一旦司会が前へ出て声をかけると、水を打ったように静まり返りました。メリハリのきいた集団行動に大変感心しました。
また11月5日の新町ワールドへも行きました。こちらは児童が司会をやっていました。とてもおもしろい内容でしたが、全体的にざわつきがあって、なかなか集中しきれていないところがあり非常に残念でした。
メリハリのきいた指導はどうしたらうまくいくのか、是非小中学校の先生方で検討してもらえればと思います。
委員
11月11日の小中学校の合唱祭に行きました。小学校の部は市内の4年生が集まったのですが、学校によって児童の人数にずいぶんと差があることをまず感じました。また、学校によって合唱祭に対する取組み方もそれぞれで、服装を白っぽい洋服で統一している学校もあり、ステージに出てきた瞬間に独特の雰囲気がありました。ステージ上に整列する時も、ばらばらとしている学校もあれば、きちっと隙間を開けず整列している学校もあり、整列からきちんとやっていると、合唱の内容もまた違ってくるのではないかと感じました。
委員
11月9日の入間北部教育委員会連絡協議会の視察研修についてですが、視察した増穂小学校では、勉強は答えのだしかたをただ教えるということではなく、答えに至るまでの過程を非常に丁寧に教える、そこに凝縮したノウハウがつくられているということが感じられました。
委員
視察研修の際にいただいた資料の中に「楽しく勉強しよう」というプリントがありました。授業に参加する基本的な振舞い方についてのプリントで、椅子への座り方、返事の仕方、鉛筆の持ち方などが書いてあります。これをどのくらい指導しているのかわかりませんが、こういったものを小学校の低学年から学校全体で取り組んでいくと、授業への参加の姿勢が変わってくるのではないかと感じました。同じようなことは鶴ヶ島市ではやっているのですか。
学校教育課長
基本的な生活習慣や学習態度については、県の3つの達成目標の中で、忘れ物をしない、授業の準備をしよう、などがありますが、各学校でも学習のルールを考えて指導しています。家庭学習の仕方についても各学校から工夫して子どもたちに投げかけて指導しています。
委員
私は学校訪問の際などに授業を見学する時、発言する生徒の声が小さいですとか、授業中の姿勢が悪いとか、鉛筆の持ち方がおかしいといったことが気になるのですが、ひょっとしてそういったことを小学校の低学年から集中的に指導するということがあまり大事にされていないのかもしれないと感じました。基本的な授業への取組み方をどう身につけさせるかということは重要な課題だと思いますので、機会があれば話題にしてもらえればと思います。
教育長
小中連携を進める中では、一つの柱を9年間通してやろうということで考えています。学習指導の内容、学習の規律、学習の約束なども小中で一緒になって考えていこうということです。ある程度のところまではできているだろうと思っておりますが、徹底してやるというところまでは躊躇するところが先生方にもあるだろうと考えています。あまり型にはめていくと自由な発想ができなくなる、気軽に意見が言えなくなるということを心配しているというのが今の現状だろうと思います。
中学校の合唱祭は全校まわりました。どの学校もしっかりやっていました。南中学校は他の学校と少し違っています。他の学校では、演奏中は入り口を閉めてしまいますが、南中学校はいつでも開けてあり、いつでも誰でも入れます。みんなで楽しめばいいんだという発想で運営していますので、他の学校とは会場の雰囲気が違います。どの学校にも不登校の生徒がいますが、不登校の生徒を合唱祭に参加させられるかどうか、壇上で正面をむけられるかどうか、ということにどこの学校も苦労しています。体育館の片隅までは連れて来られたが、壇上までは無理だった。でも、友達の歌を聞かせることができた、ということを一つの成果と考えています。また、服装の乱れについても、全員が服装をそろえていけるかどうか、そういった苦労を垣間見られました。
小中学校の合唱祭についてですが、非常に声が澄んだ発声をする学校、声は大きいが地声で歌う学校など、やはり差があると感じました。新町小学校は発声がやわらかく、発声の基本を指導されていると感じました。西中学校もそれを引き継いできています。小学校の音楽の専科は大事だなと感じました。中学校では鶴ヶ島中学校と富士見中学校の音楽は非常に美しいと思いました。市内小中学校の児童生徒が集まって、あれだけ整然とできるというのは非常にすばらしいことだと思います。指導に来られた他市の中学校の音楽の教員の方は、その市では市民文化会館で行うので、雰囲気は学校の体育館と比べ物にならないため、子どもたちのやる気も上がるが、整然さについては、鶴ヶ島市はすばらしいと話していました。
委員長
以上で教育長報告を終了いたします。
≪日程第3≫ 議案第34号 特定事業に係る契約の締結について
委員長
議案第34号 特定事業に係る契約の締結についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(学校給食センター更新担当主席主幹より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり承認します。
≪日程第4≫ 議案第35号 平成23年度教育委員会関係補正予算について
委員長
日程第4 議案第35号 平成23年度教育委員会関係補正予算についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育総務課長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員長
質疑なしと認め、本案を原案のとおり承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり承認します。
≪日程第5≫ 議案第36号 平成24年度当初予算編成に係る教育委員会関係の予算要求について
委員長
日程第5 議案第36号 平成24年度当初予算編成に係る教育委員会関係の予算要求についてを議題といたします。
事務局より説明をお願いします。
(教育総務課長より説明)
委員長
質疑に入ります。
委員
小学校空調設備設置事業についてですが、設計業務だけでこの金額になるのはどうしてですか。
学校教育課主席主幹
工事については空調設備の設置だけでなく屋上、外壁の防水工事を同時に施工することを想定しています。このことから多額な工事となったことにより、それに伴い設計費用も増加したためです。
委員
小・中学校学区審議会運営事業についてですが、報酬対象委員が10名から7名になったというのは、どのような理由からですか。
学校教育課主席主幹
学区審議会委員には10名の方にお願いしています。そのうち3名は市内小中学校の校長先生に委員をお願いしているため、報酬対象委員としては10名から7名になっています。
委員長
他に質疑なしと認め、本案を原案のとおり承認することにご異議ありませんか。
(異議なし)
委員長
異議なしと認め、本案は、原案のとおり承認します。
≪日程第6≫ 会議録署名委員の指名
委員長
日程第6 会議録署名委員の指名を行います。
会議録署名委員に3番 今泉博委員を指名いたします。
≪閉会≫
委員長
以上で本日の日程は終了いたしました。
これをもちまして、平成23年第12回鶴ヶ島市教育委員会を閉会いたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育総務課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る