子育て・教育・健康・福祉

豚肉とゴーヤのカレーしょうゆ炒め

『豚肉とゴーヤのカレーしょうゆ炒め』の画像

夏を代表する野菜ゴーヤは独特の苦みがあるのでにがうりともいいます。この苦みの成分はモモルデシンといい、胃の調子を整え食欲を増進させる働きがあります。
そのほかにもビタミン・ミネラルが豊富で夏バテ解消にうってつけの野菜です。

≪材料4人分≫

  • サラダ油...大さじ1
  • 豚もも薄切り肉...200g
  • たまねぎ(半分に切ってスライス)...100g(1/2個)
  • ゴーヤ...20g(半分に切って1/3)
  • カレー粉...小さじ1
  • 砂糖...小さじ1
  • しょうゆ...大さじ1強
  • でん粉...小さじ1

※ゴーヤは種とワタをよく取り除き、薄くスライス。給食センターではその後ゆでますが、家庭では塩もみでも苦みを弱めることができます。

≪作り方≫

  1. フライパンに油を熱し豚肉を炒め、肉色が変わりだしたらたまねぎ・ゴーヤを加え炒める。
  2. カレー粉・砂糖・しょうゆを加え味付けをする。
  3. 水(分量外)で溶いたでん粉を回し入れ、かるくとろみをつけて出来上がり。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校給食センターです。

学校給食センター 〒350-2214 鶴ヶ島市大字太田ヶ谷79-2

電話番号:049-285-6596 ファックス番号:049-271-4295

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る