1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 学校教育
  5. 小中学校
  6. 学力向上のための鶴ヶ島市独自の取組
子育て・教育・健康・福祉

学力向上のための鶴ヶ島市独自の取組

二期制

導入の背景

新学習指導要領が、小学校では平成23年度から、中学校では平成24年度から全面実施されます。鶴ヶ島市ではこの新しい学習指導要領の全面実施に合わせて、平成22年度までにすべての小・中学校に二期制を導入しました。

期待している効果

  • 学期の期間が長くなり、じっくりと学習に取り組むことができます。
  • 二期制になると、長期休業が学期の途中に挟まるので、めあてをもって有効に過ごすことができます。
  • ゆとりを持って子どもと教師が向き合うことができます。
  • 学期が長くなることで、より適切な評価ができ、きめ細かな指導や支援ができるようになります。
  • 学校行事のねらいや取り組み方法、配置等を見直し、改善を図ることで、学校が活性化されます。

小中一貫外国語教育推進事業

導入の背景

小学校では、平成23年度から全面実施される新学習指導要領の中で、「外国語活動」が始まります。市独自で英語教員を採用し、中学校の外国語教育の充実を図るとともに、小学校の外国語活動を支援し、小中連携による一貫した外国語活動を推進する。

期待している効果

  • 市費の英語教員を中学校に派遣することにより、中学校の「英語」の授業が充実する。
  • 中学校ら小学校へ英語の教員が行くことにより、小学校の外国語活動が充実する。
  • 英語の教員が小学校と中学校とを行き来することにより、小中の連携が推進される。

小学校算数学力向上事業

導入の背景

市内の小学校が行う放課後の補習学習を支援し、特に算数における基礎学力の向上を図るため、各小学校に放課後のびのび算数教室を設置し、算数学力向上支援員を採用することによって、補習学習への支援にあたる。

期待している効果

  • 少人数できめ細かな指導をすることで、つまずきを解消し、算数の基礎・基本が身につく。
  • わからないことがわかる体験をすることで、算数好きな児童が育成される。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課です。

鶴ヶ島市役所 5階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る