子育て・教育・健康・福祉

ポリオの予防接種

不活化ポリオワクチンは合計4回の接種が必要です

不活化ポリオワクチンの接種をしている方で、4回目の接種まで終了していない方は、生後7歳6か月の前日までに接種をするようにしましょう。(接種対象年齢を過ぎると、有料となりますのでご注意ください。)

接種対象年齢

市内在住の生後3か月以上7歳6か月未満で、ポリオ予防接種が未完了の方

接種スケジュール

初回接種 20日以上の間隔をおいて3回接種(標準的には20日から56日の間隔をおく)
追加接種 初回接種(3回目)終了後6か月以上の間隔をおいて1回接種(標準的には12か月から18か月の間隔をおく)

標準的な接種時期

初回接種 生後3か月から12か月
追加接種 初回接種(3回目)終了後、12か月から18か月後

接種方法

ポリオ予防接種をまだ1回も受けていない場合

不活化ポリオワクチンを合計4回受けてください。(初回接種 3回、追加接種1回が必要です)
※四種混合ワクチンを予定している場合を除きます。

生ポリオワクチンをすでに1回受けている場合

不活化ポリオワクチンを3回受けてください。(初回接種 2回、追加接種1回が必要です)

不活化ポリオワクチンを1回から3回受けている場合

不活化ポリオワクチンが全部で4回になるように残りの回数を受けてください。(残り回数が1から3回必要です)

生ポリオワクチンを2回接種している場合、四種混合ワクチンを接種している場合

改めて不活化ポリオワクチンを受ける必要はありません。

※三種混合の予防接種を4回完了していない方は、四種混合で接種して下さい。

接種場所

鶴ヶ島市内及び坂戸市内の予防接種実施医療機関もしくは埼玉県内の実施協力医療機関(埼玉県内の実施協力医療機関については、保健センターまで問い合わせてください。)

 

持ち物

予診票、母子健康手帳(住所、氏名、生年月日、接種間隔の確認に必ず必要です)

※予診票は鶴ヶ島市及び坂戸市内の実施医療機関においてあります。鶴ヶ島市及び坂戸市内の医療機関以外で接種する場合は、予診票を保健センターに取りに来てください。
※接種当日の朝は、体温を測るなど、子どもをよく観察し、日ごろの健康状態が分かる保護者が、予防接種実施医療機関に同伴してください。

関連情報

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る