子育て・教育・健康・福祉

保育所(園)入所案内 

保育所(園)・認定こども園の入所(園)

入所の基準

保育所へ入所できる児童は、両親いずれも(両親と別居している場合には児童の面倒をみている者)が次のいずれかの事情にある場合です。

  1. 家庭外労働

    児童の保護者が外で仕事をしているため、その児童の保育ができない場合。

  2. 家庭内労働

    児童の保護者が家庭で児童とはなれて日常の家事以外の仕事をしているため、その児童の保育ができない場合。

  3. 親のいない家庭

    死亡、行方不明、拘禁などの理由により親がいない家庭の場合

  4. 出産等

    妊娠中であるか出産後間がない場合(出産の前6週、後8週の間)。また、病気、負傷、心身に障害があったりするため、その児童の保育ができない場合。

  5. 病人の看護等

    その児童の家庭に長期にわたり病人や、心身に障害がある人がいるため、その看護にあたっている場合。

  6. 家庭の災害

    災害や風水害、地震などの不幸があり、その家庭を失ったり、破損したため、その復旧の間、児童の保育ができない場合。

  7. 求職活動

    継続的な求職活動を行っていてその児童の保育ができない場合。

  8. 各種学校在学

    学校教育法第1条に規定する学校などに在学している場合。

  9. 職業訓練によるもの

    職業訓練を受けていることにより、その児童の保育ができない場合。

    ※労働が事由の場合、一ヶ月あたりの労働時間が最低64時間以上であることが条件です。

 

随時入所(年度途中での入所)の流れ

 1.申請書類をもらう
こども支援課窓口で配布しています。お越しになれない場合、ホームページからダウンロードして、書類を手元にご用意ください。ダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)

 2.必要書類を提出
入所希望月の前月の10日までに、こども支援課へ提出してください。(郵送不可)

 3.選考審査
ご希望する保育所の入所定員に空きがある場合、保育を必要とする程度の高い方から入所の承諾をします。
※各保育所の入所状況などにより、入所できない場合があります。

 4.親子で面接
保護者と保育士がお子さんの様子を見ながら、保育所生活が円滑にできるような話し合いを実施します。

 5.入所承諾
支給認定証と入所承諾書を郵送します。

 6.保育所入所
基本的に、毎月1日から入所となります。

提出書類

提出書類備考
子どものための教育・保育給付に関する支給認定(変更)申請書

入所申込書になります。児童1人ごとに1枚必要です。

就労(内定)証明書(父・母・祖父母・おじおば) 家庭で保育できない事を証明します。
※同じ棟に60歳以下の親族が住んでいる場合、その方の就労証明書が必要です。
誓約書 求職中の場合に必要になります。様式が有ります。
市外から転入する方は課税証明書 現在お住まいの住所地で証明書を用意していただき、お持ちください。
生育歴と体質調査または児童健康票 児童の健康状態を記入したもので、
「市内保育所用」と「川鶴保育園用」があります。
時間外保育申込書 お子さんの送迎が時間外保育になる場合(公立3保育所用)に必要です。
※社会福祉法人立及び川鶴保育園については、保育園にご相談ください。
医師の診断書 家族が病気で保育できない場合に必要です。
診断書には病名・治療期間・保育できない旨を記入
母子手帳の写し(出産予定日記載ページ) 母親が出産で保育できない場合に必要です。

保育料の決定

4月から9月までの保育料は世帯の前年分の市民税所得割額により、9月から翌年3月までの保育料は、当該年度分の市民税所得割額により決定します。
保育料は、毎月1日現在の状況(在籍、認定等)により、その月分を納めていただきます。また、退所届を提出していない場合は、その月分も納めていただきます。
保育料の納入については、口座振替のご協力をお願いしています。

 

平成30年度保育認定子ども保育料徴収基準表

平成30年度教育標準時間認定子ども保育料徴収基準表

※入所する児童が2人以上いる場合、又は、幼稚園、認定こども園に在園する兄弟姉妹がいる場合は、保育料の減額措置があります。

保育料の寡婦(夫)控除みなし適用について

認可保育園等の保育料について、未婚のひとり親家庭の方を対象に、税法上の寡婦(夫)控除のみなし適用を行います。申請をいただくことで、保育料が変更となる場合があります。みなし適用の要件、対象となる方、申請方法等については、「保育料の寡婦(夫)控除みなし適用のご案内」をご覧ください。

 

保育料の寡婦(夫)控除みなし適用のご案内

保育料算定における寡婦(夫)控除のみなし適用申請書

都道府県から指定都市への税源移譲に伴う保育料算定の特例について

平成30年度から、指定都市では市町村民税の所得割の税率が6%から8%へ変更となりました。保育料の公平性を保つため、指定都市から転入された方で市町村民税の所得割の税率が8%となる方を6%で計算して保育料の算定を行います。

ならし保育

集団への適応等を目的として、通常の保育時間よりも短い時間でお迎えをお願いする「ならし保育」を実施しています。期間については、児童の状況によりそれぞれ異なりますので、保護者のご協力をお願いします。
※各保育所により多少時間が異なります。

保育所の1日の流れ(公立保育所の例)

  • 7時30分~時間外保育
    登所、自由遊び(0・1・2歳児:おやつ)
    クラス別保育
  • 11時00分頃~昼食
  • 12時30分頃~昼寝
  • 15時~おやつ
  • 16時(16時30分):降所
  • (18時30分:時間外保育の夕食)鶴ヶ島保育所のみ
  • 19時:時間外保育終了(20時:時間外保育終了 鶴ヶ島保育所のみ)

保育所(園)入所・待機児童状況

保育所(園)入所・待機児童の状況

  • 待機児童数の集計は第一希望の保育所で集計しています。
  • 川鶴保育園は管外保育園ですが、施設の性格上、公立保育園として集計しています。
  • 年齢は、4月時点の年齢で集計していますが、いちご保育園の0歳児は1歳に到達した時から、1歳児として集計しています。
  • 川鶴保育園を除く、各保育所(園)では弾力的受入をおこなっています。(保育室の広さや保育士の配置状況により、定員数を超えた受け入れを実施しています。)
  • 注意:保育所の入所は、保育を必要とする度合いの高い順からとなるため、申込み順で入所できるとは限りません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども支援課です。

鶴ヶ島市役所 1階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る