子育て・教育・健康・福祉

妊婦健康診査

妊婦健康診査は、おなかの赤ちゃんの成長や妊婦さんの健康状態を確認するために必要な検査を行います。
また、妊娠中にかかりやすい病気などを早めに気づいて治療することもできますので、定期的に医療機関で妊婦健康診査を受けるようにしてください。
市では、妊婦健康診査の公費負担を実施しています。妊娠届出を行うと、妊婦健康診査助成券を交付します。

対象者

鶴ヶ島市内に在住の妊婦の方
※転出・転入の際には、妊婦健康診査の助成券の差し替えが必要です。転入先の保健センターに問合せてください。

健康診査の内容

妊婦一般健康診査 14回
 基本的な妊婦健康診査、血液検査、風疹抗体検査・HBs抗原検査・HCV抗体検査など
超音波検査 4回
HIV抗体検査
(ヒト免疫不全ウイルス抗体検査)
希望する妊婦1回
子宮頸がん検査 1回
B群溶血性連鎖球菌検査 1回
ヒト白血病ウィルス1型抗体検査 HTLV-1
クラミジア検査 1回

妊婦健康診査助成券が使える医療機関等

鶴ヶ島市が契約している医療機関・助産院について、助成券が使用できます。

申込方法

母子健康手帳の交付とともに、妊婦健康診査の費用を助成する助成券をお渡しします。
 助成券の妊婦記入欄に記入のうえ、受診する医療機関に母子健康手帳と一緒に提出してください。

利用料金

市と契約している医療機関で受診する場合に、この助成券により妊婦健康診査でかかった費用から助成額を差し引いた額を窓口で支払うこととなります。
契約医療機関以外の医療機関等で受診をして、妊婦健康診査助成券を使用できなかった方は、妊婦健康診査助成金交付制度をご利用ください。

こんな時は届出が必要です

妊娠期間中に鶴ヶ島市へ転入された場合

保健センターで届出を行ってください。該当する助成券をお渡しします。

持ち物 母子健康手帳、妊婦健康診査助成券(転入前の市区町村で発行されたもの)

妊婦健康診査助成金交付制度

市では、妊婦さんの健康と安全なお産のために、妊婦健康診査及び超音波検査などの費用の一部を公費負担により助成しています。
里帰り出産などで県外の契約医療機関以外の医療機関等で受診をして、妊婦健康診査助成券を使用できなかった方は、受診費用の一部を助成します。

対象者

受診日に鶴ヶ島市に住民登録または、外国人登録のある妊婦で委託契約医療機関以外の医療機関、助産所で妊婦健康診査を受診した方。(日本国内に限ります)

申請期間

最後に妊婦健康診査を受けた日(または出産日)から1年以内。

助成額

妊婦健康診査の受診に際し負担した費用の額または、基準額のいずれか少ない額。
 

申請に必要なもの

・鶴ヶ島市妊婦健康診査助成金交付申請書
 ※下記の関連書類から受診日の年度の申請書をダウンロードしてください。
   なお、受診日が年度をまたぐ場合には保健センターまで連絡してください。

・鶴ヶ島市妊婦健康診査助成金請求書

・使用していない助成券

・受診した医療機関、助産所発行の領収書・明細書の写し、または妊婦健康健康診査に際し負担した費用の額を証する書面の写し

・母子健康手帳の写し(対象者の氏名及び受診内容が記載された部分)

・印鑑(スタンプ印不可)

・振込先金融機関名、口座番号、口座名義人がわかるものの写し

※妊婦健康診査の公費負担は一定金額を助成するもので、自己負担額が発生する場合があります。また、妊娠しているかどうかを調べるための検査には使用できません。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センター 母子保健担当です。

〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る