1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 政策・計画
  5. 公共施設
  6. 将来の鶴ヶ島市にふさわしい公共施設像を目指して
市政全般

将来の鶴ヶ島市にふさわしい公共施設像を目指して

「鶴ヶ島市公共施設等利用計画」

市では、公共施設の老朽化による修繕等の経費の増加や、改修・建替時期の集中による大きな財政負担が課題となる中、これからの公共施設のあり方を示す公共施設利用計画を策定しました。
 
※以下のデータをダウンロードしていただくことにより閲覧・保存・印刷ができます。

鶴ヶ島市公共施設等利用計画について (PDF形式/93KB)
表紙 (PDF形式/378KB)
はじめに・目次 (PDF形式/325KB)
第1章 計画策定の趣旨 (PDF形式/397KB)
第2章 公共施設の現状 (PDF形式/767KB)
第3章 財政の将来予測と公共施設の更新費用 (PDF形式/661KB)
第4章 公共施設の課題と市民意見 (PDF形式/575KB)
第5章 今後の施設のあり方 (PDF形式/714KB)
第6章 インフラ長寿命化の策定に向けて (PDF形式/592KB)
『PDF資料』の画像

付属資料 (PDF形式/6.2MB)

・公共施設位置図
・字別人口分布図
・公共交通網位置図(平成26年4月1日現在)

 ※図の縮尺は、1/20,000になっています。

 『PDF資料』の画像 計画案に対する市民コメントの結果

 

 

公共施設のあり方を考えるシンポジウム

市内の5地区で市民の皆さんからいただいた意見を「それぞれの地域ごとの考え方」として集約し、将来の鶴ヶ島市にふさわしい公共施設のあり方について考えていくため、シンポジウムを開催しました。

日時 平成26年3月29日(土) 14時〜16時(開場13時30分〜)
会場 鶴ヶ島市女性センター・ホール

第1部 基調講演

時間:14時〜14時45分
内容:「地方行政における今後の市民参加のあり方」
講師:中央大学大学院公共政策研究科教授 幸田雅治さん

第2部 パネルディスカッション

時間:15時〜16時
内容:「将来の鶴ヶ島市にふさわしい公共施設」
コーディネーター:東洋大学理工学部建築学科専任講師 藤村龍至さん
パネリスト:幸田雅治さん、市民代表の方、藤縄市長

シンポジウムの概要

シンポジウムの概要 (PDF形式/236KB)

市民意見交換会での意見の公表

市では、公共施設の現状と課題を明らかにし、市民ニーズと時代の変化に合った、これからの公共施設の在り方を示した鶴ヶ島市公共施設利用計画を策定したいと考えています。そのため、 鶴ヶ島市を5会場(中学校区)にわけ、2月2日と3月2日に各会場で市民との意見交換会を開催しました。
貴重なご意見ありがとうございました。

鶴ヶ島市民が考える施設の在り方を目指して(市民意見交換会資料) (PDF形式/1.3MB)
市民意見交換会(第1回)主な意見について (PDF形式/875KB)
市民意見交換会(第2回)主な意見について (PDF形式/89KB)

公共施設のあり方に関するアンケート調査結果

鶴ヶ島市公共施設利用計画の策定にあたり、無作為抽出による1,000人の市民を対象にアンケート調査を実施しました。
ご協力ありがとうございました。

「市の公共施設のあり方」アンケート調査結果 (PDF形式/621KB)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策推進課です。

鶴ヶ島市役所 4階(政策担当) 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る