子育て・教育・健康・福祉

不育症検査費助成事業

不育症について

不育症とは「妊娠はするけれど2回以上の流産・死産もしくは生後1週間以内に死亡する早期新生児死亡によって児が得られないこと」をいいます。

不育症は決して珍しいものではありません。

市では、不育症の検査を受けたご夫婦を対象に2万円を限度(1組の夫婦に月1回限り)に検査費を助成します。

対象者

次のすべての項目に該当する方が対象です。

  1. 助成申請時に婚姻しているご夫婦で、夫婦の双方または一方が鶴ヶ島市に住民登録があること
  2. 検査開始時に妻の年齢が43歳未満のご夫婦
  3. 上記の不育症の状態に当てはまること、または、医師より不育症と診断されていること
  4. 埼玉県内の他の市町村から同一の不育症検査に対し助成を受けていないこと
  5. 市税に滞納がないこと

対象となる検査

  1. 指定医療機関(※1)及び助成対象医療機関(※2)において実施した不育症のリスク因子の検査
    指定医療機関と連携した医療機関(泌尿器科医師)が行うものも含む
  2. 夫婦そろってまたは妻のみが受けた検査
  3. 医療保険適用・適用外を問わない
  4. 検査開始日から終了まで1年以内に実施した検査

※1 指定医療機関とは特定不妊治療助成事業で知事等が指定する医療機関をいう

※2 助成対象医療機関とは不育症検査を行う医療機関で、埼玉県ホームページで公表するもの

  埼玉県ホームページ(ウェルカムベイビープロジェクト関連事業) 外部リンク

申請手続き

提出書類

  1. 鶴ヶ島市不育症検査費助成金交付申請書(様式第1号)

  ※印鑑(シャチハタ不可)をお持ちください。

添付書類

  1. 鶴ヶ島市不育症検査費助成金交付に係る実施証明書(様式第2号)
  2. 不育症検査にかかわる領収書の写し(原本もご持参ください)
  3. 助成金の振込先となる口座の通帳(確認用) ※夫・妻のいずれか一方
  4. 市税の滞納がないことが確認できる書類(夫婦各々の完納証明書)
  5. 鶴ヶ島市不育症検査費助成金請求書
  6. 口座振込等申出書

申請期限

検査の終了した日から起算して60日以内に申請してください。

※60日以内に申請することが難しい場合はご相談ください。

助成金の交付

審査の結果、助成金の対象となった場合は、鶴ヶ島市不育症検査費助成金交付決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振り込みます。助成金の交付ができない場合は、その理由を記載した鶴ヶ島市不育症検査費不交付決定通知書を郵送します。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2018年7月18日
印刷
スマートフォン用ページで見る