子育て・教育・健康・福祉

成人検診の個人負担金免除について

成人検診の個人負担金が免除になる方

下表の(1)~(4)に該当する方は、成人検診の個人負担金が免除になります。
「(3)障害認定を受けている方」、「(4)平成30年度市民税非課税世帯の方」については、事前のお手続きが必要です。

※個人負担金免除申請により、地方税関係情報、障害者認定情報を希望する検診の事務に限って閲覧し、審査することに同意されたものとします。

受診時に必要書類をお忘れになったり、お手続き前に受診された場合には無料のお取り扱いができません。

 

  対象者 申請方法

(1) 

70歳以上の方
(昭和24年4月1日までに生まれた方)

※肺がん・結核検診のみ65歳以上の方
(昭和29年4月1日までに生まれた方)

受診券に「無料」と明記し、発送しますので手続きは不要です。
(2) 生活保護世帯の方、中国残留邦人等支援給付制度適用の方 生活保護受給証、本人確認証の提示で個人負担金が免除になりますので手続きは不要です。
(3) 障害認定を受けている方 4月号広報折り込みの「成人検診申込みはがき」またはメール申請フォームの個人負担金免除申請欄の「障害認定」にチェックして申請してください。

 (4)

平成30年度市民税非課税世帯の方
(世帯全員が非課税)

4月号広報折り込みの「成人検診申込みはがき」またはメール申請フォームの個人負担金免除申請欄の「平成30年度市民税非課税世帯」にチェックして申請してください。

※平成30年1月1日以降に鶴ヶ島市に転入した方は、前住所地の非課税証明書が必要です。

 

「(3)障害認定を受けている方」「(4)平成30年度市民税非課税世帯の方」の申請後の流れ

審査の結果、個人負担金が免除される場合

 保健センターで受ける検診

  検診当日、受付で事前申請している旨を必ずお申し出ください。

 医療機関で受ける検診

  保健センターから「無料券」をご自宅に送付します。
  検診当日、医療機関の窓口に提示してください。
 ※「無料券」の発送は5月20日までに申請した方には6月中旬頃、5月21日以降の申請については申請後3週間程度で送付します。

審査の結果、個人負担金の免除にならない場合

 該当者には保健センターからご連絡します。

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センター 成人保健担当です。

〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る