1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. 人権・男女共同参画
  5. 男女共同参画の推進
  6. つるゴンがパープルリボンをつけて、「女性に対する暴力をなくす運動」に参加しました

市政全般

つるゴンがパープルリボンをつけて、「女性に対する暴力をなくす運動」に参加しました

『『パープルリボンを着けたつるゴン』の画像』の画像


 暴力は、加害者、被害者の間柄や性別を問わず、決して許されるものではありません。特に、配偶者やパートナーなどからの暴力(DV=ドメスティック・バイオレンス)、交際相手や別れた恋人からの暴力=デートDV、ストーカー行為、セクハラ、性犯罪などは、女性が被害者になる割合が高く、人権を著しく侵害するものです。

 内閣府をはじめとする関係府省庁は、「女性に対する暴力をなくす運動」を提唱し、毎年11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間を運動期間としています。

 これに合わせて、全国の地方公共団体等のマスコットキャラクターが、パープルリボンを着用し、女性に対する暴力をなくす運動に参加しました。パープルリボンには、女性に対するあらゆる暴力をなくしていこうというメッセージが込められています。

 パープルリボンを着けたつるゴンの写真も内閣府のホームページに掲載されています。
   (つるゴンの画像をクリックすると内閣府のホームページにリンクします。) 
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/no_violence_act/2017/character11.html#lightup_saitama

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは女性センターです。

鶴ヶ島市女性センター 〒350-2213 鶴ヶ島市脚折1922-7

電話番号:049-287-4755 ファックス番号:049-271-5297

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る