1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 保健・医療
  5. 生まれてくる赤ちゃんのために風しん抗体検査を受けましょう

子育て・教育・健康・福祉

生まれてくる赤ちゃんのために風しん抗体検査を受けましょう

 妊娠初期に風しんにかかると、赤ちゃんに障害が残ることがあります。風しんは予防接種で予防できます。風しんの予防接種が必要かどうか調べるため、埼玉県では風しんの抗体検査を無料で受けられる制度を設けています。必要な方はご夫婦で受けるようにしましょう。

『風しん抗体検査チラシ』の画像

対象者

埼玉県内に住民登録のある方で、次の(1)または(2)に該当する方

(1)妊娠を希望する16歳以上50歳未満の女性とその配偶者

(2)「妊婦健診等の結果、抗体価が低い(HI法※で32倍未満)と判明した妊婦」の配偶者

 ◆ ただし、次の方は除きます。

  • 過去に風しん抗体検査を受けたことがある方
  • 明らかに風しんの予防接種歴がある方 
  • 風しんにかかったことがある方

 ※ HI法とは、風しんのウイルス抗体価を調べる検査方法の1つで、「十分な免疫がある」と判定される目安は
   32倍以上とされています。

実施期間

平成29年4月1日(土曜日)から平成30年2月28日(水曜日)まで

検査の流れ

1. 埼玉県ホームページ(新しいウインドウで開きます)から「検査申込書」を印刷してください。

2. 埼玉県ホームページで「検査実施医療機関」を探して、事前に連絡しましょう。

3. 検査申込書と健康保険証や母子健康手帳など、対象者の要件を確認する書類を持参して、
    医療機関を受診し、検査を受けてください。

4. 検査結果により予防接種が必要かどうか、検査を受けた医療機関の医師から説明を受けてください。

その後、予防接種が必要な場合は予防接種を受けるようにしてください。(予防接種の料金は有料です

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る