1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 妊娠・出産
  5. 新たな支援策で産婦人科医院を誘致

子育て・教育・健康・福祉

新たな支援策で産婦人科医院を誘致

産婦人科医院の開設を支援します!  ~公募受付開始~

鶴ヶ島市内には、現在出産できる医療機関がなく、産婦人科の誘致が課題となっています。そこで、市では産婦人科を誘致するために、平成29年4月から、開設を希望する医師又は医療法人の公募を行ってまいりました。しかし、未だ応募がない事から、当初の支援内容を下記3のとおり見直し、新たな支援策のもとで再度公募を行うことになりました。

※注意(1)  平成30年4月27日付けで、埼玉県病院整備計画の公募について発表されました。これに伴い、埼玉県の公募期間との整合性を図るために募集期間を延長するとともに、応募書類の変更(下記5を参照)を行いますので、ご注意ください。なお、公募申込をご検討の場合は、必ず下記鶴ヶ島市保健センターまで、事前にご連絡ください。また、埼玉県の公募へも併せて応募してください。

※注意(2)  鶴ヶ島市産婦人科医院公募要領、鶴ヶ島市産婦人科医院に係る施設整備費補助金交付要綱及び様式が一部改正されておりますので、関連書類でご確認ください。

1 募集期間

平成30年5月7日(月曜日)から8月24日(金曜日)まで   ※延長しています。

2 公募要領の配布期間

平成30年4月2日(月曜日)から

3 支援内容

(1)施設整備費補助金の交付:産婦人科医院の開設に直接必要な経費の一部を補助します。

【補助額】施設整備に係る経費の1/2(ただし、上限は5,000万円)

【対象経費】土地購入費、建物購入費、建物建設費、工作物の取得費及び建物改修費

(2)市の母子保健事業及び子育て支援事業(鶴ヶ島版ネウボラ)との連携:事業を実施する場合、協議により別途支援を行います。

※今まで打ち出してきた支援内容(市有地の無償貸付や借入金利子相当額の補給)は廃止します。

4 公募の条件

(1)鶴ヶ島市内に分娩のできる入院施設(19床以下)を有する産婦人科医院を開設する医師又は医療法人

(2)産婦人科又は産科の臨床経験を5年以上有すること。

(3)継続して10年以上分娩を取り扱うこと。

(4)鶴ヶ島市の母子保健事業、子育て支援事業と連携した取組を行うこと。

(5)地域医療活動を行うこと。

5 公募申込時の提出書類

公募申込時の書類は、応募要領で定める下記の4点を提出してください。追加の提出書類は、公募申込者へ追ってご連絡します。

・様式1  鶴ヶ島市産婦人科医院公募申込書

・様式2  開設趣意書

・様式3  鶴ヶ島市と連携した取組みについての提案書

・様式4  産婦人科医院開設に係る誓約書

6 公募締切後のスケジュール

平成30年8月24日(金曜日)  公募申込締切

平成30年9月中旬以降予定

   第1次審査(書類審査)、第2次審査(ヒアリング審査)、事業者決定、通知、発表

7 公募要領配布・応募書類受付場所・問合せ先

  鶴ヶ島市保健センター  〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

  電話 049-271-2745   FAX 049-271-2747

8 その他

  埼玉県病院整備計画の公募

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2018年5月4日
印刷
スマートフォン用ページで見る