子育て・教育・健康・福祉

在宅医療市民公開講座

「住み慣れた地域で最期まで」
・在宅医療とお口の中の話
・訪問看護ってなあに?

病気になると入院すれば医師や看護師がすぐそばにいるので安心だという声を耳にします。
ただ入院生活は治療の場であり、食事や入浴など様々な制約もあります。
在宅医療とは自宅など生活の場で治療を行い、ご自身の暮らしを支える医療です。
医師や看護師が駆けつけるのは、病院より少し時間はかかりますが、住み慣れた我が家で治療することは患者の表情を明るくします。

※講座終了後、地域包括支援センター、在宅医療相談員、薬剤師、管理栄養士による相談コーナーもあります。

日時 

平成29年11月11日  土曜日
13時30分~15時00分(開場13時00分)

会場

女性センター「ハーモニー」
鶴ヶ島市脚折1922-7
049-287-4755

対象

鶴ヶ島市または坂戸市に在住・在勤の方

参加費

無料

定員

300名(申し込み優先  先着順)

申込先

鶴ヶ島市高齢者福祉課地域包括ケア推進担当
049-271-1111(内線194)

共催

坂戸鶴ヶ島医師会、坂戸鶴ヶ島歯科医師会、坂戸鶴ヶ島市薬剤師会、埼玉県栄養士会、鶴ヶ島市、坂戸市

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢者福祉課 地域包括ケア推進担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る