1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政全般
  4. マイナンバー 社会保障・税番号制度
  5. やむを得ない理由により住民票の住所で通知カードを受け取ることが出来ない方へ

市政全般

やむを得ない理由により住民票の住所で通知カードを受け取ることが出来ない方へ

引き続き申請を受付します。 

まずは、市民課住民記録担当(市外の方は、住民票のある住所地の市区町村)へご相談ください。

『居所登録』の画像

 平成27年10月5日からマイナンバー制度がスタートしました。皆さんのマイナンバーをお知らせする「通知カード」は、原則として住民票の住所に送付されますが、やむを得ない理由により住民票の住所で通知カードを受け取ることができない場合は、住民票の住所以外の居所(※)での受取りができます。

 やむを得ない理由により住民票の住所で

 受け取ることが出来ない方は、居所情報登録申請書を

 住民票のある住所地の市区町村に持参又は郵送してください。

(※)「居所」とは、住民票の住所ではなく、実際に住んでいる場所の住所をいいます。

申請が必要な方

  • 東日本大震災による被災者で、住所地以外の居所に避難されている方
  • DV、ストーカー行為等、児童虐待等の被害者で、住所地以外の居所に移動されている方
  • 一人暮らしで、長期間、医療機関・施設に入院・入所されている方
  • その他、やむを得ない特別な理由がある方

申請方法

手順1 申請書の入手

 「通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書」を入手してください。

 申請書は、下記関連書類からダウンロードできるほか、お近くの市区町村、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/08.html)、相談機関等(配偶者暴力相談支援センター、警察署、法テラスなど)で入手又はダウンロードできます。

手順2 申請書の記入

 入手した申請書に、氏名、居所、やむを得ない理由などの情報を記入してください。

手順3 添付書類の準備

 以下の書類を準備します。

  • 申請者の本人確認書類(運転免許証など)
  • 居所に居住していることを証する書類(公共料金の領収書など)

(代理人が申請する場合は、上記に加えて以下の書類)

  • 代理人の代理権を証明する書類
  • 代理人の本人確認書類

添付書類の具体例

(申請者の本人確認書類)

 A 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳等のうち1点。

   ※最新の住所等が裏書きされている場合には、裏面のコピーも提出してください。

 B Aをお持ちでない方は、健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校が発行した在学証明書、預金通帳、医療受給者証等市区町村長が適当と認める書類のうち2点。(氏名と生年月日又は住所が記載されているものに限ります。)

(居所に居住していることを証する書類)

 賃貸借契約書、権利書、医療機関・施設等が発行する入院・入所を証明する書類(入所契約書等)、公共料金の領収書その他居所に居住していることを確認するために市町村長が適当と認める書類。

 本人と法定代理人が同一の住居に居住しているときには、法定代理人が居所に居住していることを証する書類をもって、本人が居所に居住していることを証する書類としても可。

(代理人の代理権を証明する書類)

 A 代理人が法定代理人である場合

  戸籍謄本その他その資格を証明する書類。

 B 代理人が法定代理人以外の場合

  委任状など本人の委任の事実を確認するに足る書類。

(代理人の本人確認書類)

 申請者の本人確認書類と同じ。

手順4 申請書の提出(持参又は郵送)

 「手順1」から「手順3」で準備した申請書と添付書類を、住民票のある市区町村に持参又は郵送してください。

 

【申請・郵送先】

  • 鶴ヶ島市に住民票がある方は、「鶴ヶ島市市民課」宛て
  • 市外に住民票がある方は、住民票のある市区町村の「通知カード担当課」宛て

同一世帯員でDV等加害者がいる場合

 登録申請が間に合わなかったことにより加害者等が通知カードを受け取ってしまう等、特別な事情がある方は、マイナンバーを変更することができます。
 居所情報の登録申請の際に、あわせてご相談ください。

住民票の異動のお願い

 住民票の住所地と異なる場所(居所)にお住まいの方は、居所に生活の本拠がある場合にはそこに住民票を異動していただくことが基本です。現在お住まいの場所(居所)の市区町村に転入をしていただければ、そこに通知カードが送付されるようになりますので、ご検討をお願いします。

マイナンバー総合フリーダイヤル(内閣官房コールセンター)

マイナンバーに関するお問い合わせ、マイナンバーカードを紛失した場合は

 0120-95-0178(無料)

 平日 9時30分〜20時00分

 土日祝日 9時30分〜17時30分 (12月29日〜1月3日を除く)

※紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については、24時間、365日受け付けます。

 

◇一部IP電話等で上記ダイヤルにつながらない場合(有料)

  • 050-3816-9405  (マイナンバー制度に関すること) 
  • 050-3818-1250  (「通知カード」・「マイナンバーカード」または、「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」) 

◇外国語対応のフリーダイヤル(※)

  • 0120-0178-26  (マイナンバー制度に関すること) 
  • 0120-0178-27  (「通知カード」・「マイナンバーカード」または、「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止について」) 

○通知カード・マイナンバーカードに関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。
○音声ガイダンスに従って、聞きたい情報のメニューを選択してください。

 (※)対応言語…英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語

関連リンク

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課 住民記録担当です。

〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る