子育て・教育・健康・福祉

インフルエンザの感染予防に努めましょう

インフルエンザとは

 インフルエンザは、毎年冬に流行を繰り返す、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる感染症です。主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から発生する小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。

 38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等、全身症状が突然現れます。併せて、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。乳幼児では急性脳症を、高齢者や免疫力が低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

 なお、インフルエンザの予防や重症化を防ぐためには予防接種が有効と報告されています。日常生活の中でも、インフルエンザに感染しないよう、予防に努めましょう。

インフルエンザにかからないためにはどうすればいいですか?

  • インフルエンザが流行する前にワクチン接種を受けましょう。
  • 外出のときはマスクをするとよいでしょう。
  • うがい手洗いをしましょう。
  • バランスのよい食事と、十分な休養をとり、疲労をさけましょう。
  • 室内の湿度を50〜60%に保ちましょう。
  • 人ごみや繁華街への外出を控えましょう。

インフルエンザにかかったらどうすればいいですか?

  • 水分を十分に補給しましょう。
  • 安静にして十分な休養をとりましょう。
  • 人ごみや繁華街への外出を控え、学校や職場は休みましょう。
  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 周りの方にうつさないために、マスクをつけましょう。
  • 薬を使用する時は、医師や薬剤師の指示に従い正しく使用しましょう。
    また、薬を使用して何か異常を感じるような場合は、早めに医師、薬剤師などにご相談ください。

咳エチケットしてますか?

インフルエンザにかかってしまった時は他の人にうつさないようにすることが大切です。

  • せき、くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れる。
  • 鼻汁、痰などを含んだティッシュをすぐにふた付のごみ箱に捨てる。
  • 咳をしている場合、周りの方へうつさないためにマスクを着用する。

関連情報

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2016年1月4日
印刷
スマートフォン用ページで見る