1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 子育て・教育・健康・福祉
  4. 保健・医療
  5. 脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)について

子育て・教育・健康・福祉

脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)について

脳脊髄液減少症とは

交通事故、スポーツ外傷など体への強い衝撃によって、脳脊髄液が漏れ減少することによって、頭痛、吐き気、めまい、頸部や背部の痛みなど様々な症状を引き起こす病気とされています。
現在、この病気については診断、治療が確立されておらず、専門家の間において医学的な解明が進められています。

埼玉県内の診療可能な医療機関

脳脊髄液減少症については、現在国において診療ガイドラインの策定が進められています。しかし、診断基準が確定していないことや治療法の一つであるブラッドパッチ療法についても、現在は保険適用外であることから、診療や治療が可能な医療機関を探すことが困難な状況にあります。
埼玉県では、平成26年8月に行った調査をもとに、対応する病院について情報提供しています。

関連リンク

関連情報

関係患者団体

※ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入法)とは、脳脊髄液が漏れている部分に自分の血液を注入し血液が固まることにより修復する治療法です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 〒350-2213 鶴ヶ島市大字脚折1922-10

電話番号:049-271-2745 ファックス番号:049-271-2747

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る