産業就労・都市計画・事業者向け情報

「人・農地プラン」について

概要

「人・農地プラン」とは、農業における人と農地の問題を解決するためのプランです。市内農家の方々の話し合いによって、今後の中心となる農業者(個人や法人等)や、その中心となる農業者へどうやって農地を集めていくかなど、将来の地域農業のあり方などを定めるものです。平成23年10月、国において「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」が決定され、この計画の推進を図るため、農業振興地域を有するすべての市町村が「人・農地プラン」を作成することとなりました。本市では平成25年3月29日付けで鶴ヶ島市「人・農地プラン」を策定しました。ご覧になりたい方は産業振興課農政担当の窓口までおいでください。

人・農地プランに位置付けられると国の様々な支援が受けられます

青年就農給付金(経営開始型)

農業を始めて間もない人に給付します。
【対象者】(要件を全て満たす人)

  1. 原則として45歳未満で独立・自営就農者
  2. 人・農地プランに位置付けられている人(見込みも可)
  3. 就農後の所得(本給付金以外)が250万円未満の方など

農地集積協力金

経営転換協力金

人・農地プランに位置付けられた中心となる農業者への農地集積の協力者に給付します。

【対象者】

  1. 土地利用型農業から経営転換する農業者
  2. リタイアする農業者
  3. 農地の相続人

分散錯圃解消協力金

人・農地プランに位置付けられた中心となる農業者への農地の連担化の協力者に給付します。

【対象者】

  1. 中心経営体の経営耕地に隣接する農地の所有者
  2. 中心経営体の経営耕地に隣接する農地を借りて耕作していた農業者

※農地集積協力金交付者は、農業者戸別所得補償制度の加入者で、農地利用集積円滑化団体(JAいるま野)へ10年以上の白紙委任する必要があります。

規模拡大加算

人・農地プランに位置付けられた中心となる農業者で、かつ農業者戸別所得補償制度加入者が、農地を面的集積するために、農地利用集積円滑化事業により利用権を設定した場合、農地の面積に応じて交付金が交付されます。
※規模拡大加算の対象者は、農地利用集積円滑化団体(JAいるま野)を通じ6年間以上の利用権の設定をする必要があります。

スーパーL資金

当初の5年間が無利子化になります。

【対象者】
人・農地プランに位置付けられた認定農業者

※戸別所得補償制度の対象となっていない飼料作物(畑)、野菜、果樹等を栽培する農地については、戸別所得補償制度への加入・非加入にかかわらず対象となります。
■要件など、詳しくは下記の農林水産省のホームページをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る