1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 文化・スポーツ・市民活動
  4. 寄附
  5. 税制の優遇(ふるさと納税)について

文化・スポーツ・市民活動

税制の優遇(ふるさと納税)について

個人の方が鶴ヶ島市に対して寄附を行った場合、確定申告をすることにより、寄附金のうち2,000円を超える部分について、一定の限度額まで、住民税と所得税について税の軽減を受けることができます。(なお、住民税の申告の場合、住民税の控除のみとなりますので、ご留意ください。)

住民税の軽減

寄附を行った翌年度分の住民税において、次の1・2の計算式で算出した控除額の合計が税額から控除されます。

計算式

  1. 【A-2,000円】×10%
  2. 【A-2,000円】×(90%-所得税で適用された税額)×1.021〔復興特別所得税率(2.1%)〕] ※住民税所得割の10%が上限

A=寄附金の合計額と総所得金額の30%とのいずれか小さい額

所得税の軽減

寄附を行った年分の所得税において、寄附金のうち2,000円を超える部分が所得から控除(所得控除)されます。

計算式

【年間寄附額-2,000円】×所得税の限界税率(0~40%)
(注)控除の対象となる寄附金の限度額は、総所得金額等の40%

給与収入600万円で夫婦子ども2人のケース計算例(所得税の限界税率10%、住民税所得割額300,000円)
【3万円寄附した場合の税の軽減額および負担額】

A 寄附額   30,000円
B 税の軽減額   28,000円
内訳 所得税 2,800円
住民税 25,200円
C 負担額(A−B) 2,000

※この例では、3万円寄附した場合、確定申告することで、所得税で2,800円、住民税で25,200円が軽減されることになります。

税額控除に関するお問い合わせ

税金の控除額については寄附者の家族構成や収入額などで個人差があります。くわしくは下記までお問い合わせください。

【所得税】 お近くの税務署へ
【住民税】 お住いの市区町民税担当課または鶴ヶ島市税務課市民税担当(049-271-1111(内線131))へ

法人税の場合

法人については、ふるさと納税制度とは別の寄附控除制度が適用されます。
法人税額の算定上、寄附金を支出した事業年度で寄附金額の全額を損金算入することができます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域活動推進課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る