1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 文化・スポーツ・市民活動
  4. 文化財
  5. 埋蔵文化財包蔵地に関する諸手続き

文化・スポーツ・市民活動

埋蔵文化財包蔵地に関する諸手続き

土木工事等を行う場合は、必ず事前に「埋蔵文化財包蔵地」の確認を

「埋蔵文化財包蔵地(いわゆる「遺跡」)」内で住宅や倉庫の建設、駐車場の整備、樹木の抜根など土木工事等を行う場合には、文化財保護法に基づく埋蔵文化財発掘の届出(法第93条第1項)が、義務づけられています。
土木工事等の内容により、遺跡の現状保存が困難な場合は、文化財保護の観点から「発掘調査」や「工事内容の変更」などが必要となる場合があります。土木工事等の着手前には、工事予定地が遺跡の範囲内かどうか、必ず確認してください。
埋蔵文化財は、一度破壊されてしまうと元に戻らない貴重な財産です。土木工事等にあたって、適切な手続きをお願いします。

確認方法

工事予定地が遺跡の範囲内かどうかは、下記により確認できます。

  1. 窓口での確認
  2. ファクスでの確認

ファクスの場合は、住宅地図などをコピーし、該当個所に印をつけて、照会地番、連絡先(会社名、担当者名、電話番号)を明記のうえ送信してください。(住所・地番のみの照会では確認が取れません。必ず地図の写しを送信してください。)
1,2の方法は、いずれも下記の担当まで。

教育委員会生涯学習スポーツ課文化財担当【文化財整理室内】(市役所庁舎とは別です。)

住所 鶴ヶ島市大字脚折1562-1
電話番号 049-285-2194
ファックス番号 049-272-3304
  1. 埼玉県埋蔵文化財インフォーメーション・システムによる確認
    埼玉県のホームページを利用してください。
    埼玉県埋蔵文化財インフォメーション・システム「埼玉の遺跡マップ」はこちらをご覧ください。(新しいウインドウで開きます)

【ご注意】 山林など、遺跡の分布が判明していない地域もありますので、現在の包蔵地以外でも、新たに遺跡が発見される可能性があります。

土木工事等予定地が遺跡の範囲内の場合

土木工事等予定地が遺跡の範囲内の場合、事前に教育委員会担当課と協議が必要となります。協議の流れは次のとおりです。

  1. 工事等の内容を聞き、文化財保護法による諸手続きを説明します。
  2. 地権者の了承を得て、試掘調査・確認調査を実施し、遺構等の有無を確認します。
    調査費用は原則として教育委員会が負担します。
    ※遺構(いこう)とは、住居跡や古墳、城跡、溝跡など昔の人々が生活した跡や地面を掘った跡のことです。
  3. このようにして確認された遺構等が、工事等によって破壊される場合は、再度協議を行い、「工事内容の変更」や「発掘調査」などの措置をとることになります。

申請書ダウンロード

埋蔵文化財確認調査時書類

様式提出時期提出先部数
埋蔵文化財確認調査承諾書 (PDF形式/75KB) 埋蔵文化財の確認調査依頼時

生涯学習スポーツ課

文化財担当

1部

工事着手60日前提出書類

様式提出時期提出先部数
埋蔵文化財発掘の〔届出・通知〕について (PDF形式/15KB) 工事着手60日前までに

生涯学習スポーツ課

文化財担当

1部
別記様式 (PDF形式/32KB)
上記様式の記載例 (PDF形式/32KB)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習スポーツ課です。

鶴ヶ島市役所5階(社会教育担当・市民スポーツ担当) 〒350-2292鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1 電話番号:049-271-1111(代表) FAX:049-271-1190  <br>文化財整理室(文化財担当) 〒350-2213鶴ヶ島市大字脚折1562-1 電話番号:049-285-2194 FAX:049-272-3304

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る