1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 安心・安全
  4. 災害情報
  5. 放射能(線)関連情報
  6. 「鶴ヶ島市における放射線に対する当面の考え方」を定め対応していきます

安心・安全

「鶴ヶ島市における放射線に対する当面の考え方」を定め対応していきます

市ではこれまで、大気中の放射線量の測定をはじめ、砂場やプール水等の放射性物質検査、市内産の露地野菜の放射性物質影響調査等を実施し、市民の不安の軽減・解消に取り組んでまいりました。一方で、雨樋下や側溝など、局所的に放射線量が高くなる地点の存在も明らかになり、市民の不安が増大しています。
このことから、市民の不安の軽減・解消を図るため、市としての「放射線量の対応の目安」を定め、対応することとしました。

  • 当市の放射線量の対応の目安
    毎時0.23マイクロシーベルト以上とします。この数値は、国において汚染状況重点調査地域の指定の要件(案)である「当該地域における放射線量が1時間当たり0.23マイクロシーベルト以上」という考え方を当市においても適用したものです。
  • 放射線量の測定場所
    現在市役所で実施している定点測定のほか、子どもが利用する保育所(園)、幼稚園、小中学校、学童保育室など約70施設における雨樋下等の雨水が集まる所やその出口等、通学路を含む道路約90箇所(測定位置:地表から5cm、50cm、100cm)
  • 目安を超えた場合の対応
    放射線量を低減させるための表土の除去や、立ち入り制限などを行います。
  • 測定結果と除染状況
    「測定結果と除染状況」の詳細はこちら (2011年12月9日掲載)

「鶴ヶ島市における放射線に対する当面の考え方」についてはこちら

※参考(「1時間当たり0.23マイクロシーベルト」国の考え方) 
原発事故の影響による放射線量を年間1ミリシーベルト(1時間当たり0.19マイクロシーベルト)とし、事故とは関係なく自然界に元々存在する大地からの放射線量(1時間当たり0.04マイクロシーベルト)を合算したもの。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

鶴ヶ島市役所 2階 〒350-2292 鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1

電話番号:049-271-1111(代表) ファックス番号:049-271-1190

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鶴ヶ島市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2016年1月4日
このページを印刷する
スマートフォン用ページで見る